TOP

企画展示

主な
収蔵作品

制作体験
工房

喫茶
美遊ガーデン

楽しいお買物
美遊館

入館割引券

営業概要

 


 1階展示室

ジャポニスムとアール・ヌーヴォー 〜西洋に渡った日本の美〜

ジャポニスムとアール・ヌーヴォー 〜西洋に渡った日本の美〜 

1F展示室

日仏友好160年にあたる本年、先に安倍首相とオランド元仏大統領の間で交わされた約束によって、
フランスで「ジャポニスム」をテーマとするイベントが多数開催予定です。

フランスの人々は、エキゾチックな日本文化を好意的に受容し、
積極的に自分たちの創作に取り入れてきました。
印象派の画家たちやガレ、ドームなどのガラス工芸家も日本の工芸品にヒントを得た作品を残しています。

一方、日本国内においても、浮世絵や北斎が再び注目され、再評価の機運が高まっています。

「和と洋の意外なつながりを紹介したい」という思いは、
美術館開館当初からの基本コンセプトであり、開館25周年記念展のテーマにつながりました。

エミール・ガレ 作 「鯉魚文花瓶」

ドーム 作 「トンボに水草文アプリカシオン花瓶」

エミール・ガレ 作 「夜想曲」

 

エミール・ガレ 作
「鯉魚文花瓶」

ドーム 作
「トンボに水草文アプリカシオン花瓶」

エミール・ガレ 作
「夜想曲」

 

 

  2階展示室

フジタ、ラリック、エルテのパリ・モダン 〜20世紀初期の装飾文化〜

フジタ、ラリック、エルテのパリ・モダン 〜20世紀初期の装飾文化〜 

日本からフランスに渡り、独特の画風で注目された画家「藤田嗣治(つぐはる)」。
高品質と量産を両立させたフランスのガラス工芸家「ルネ・ラリック」。
ロシアに生まれ、パリで大成したファッションデザイナー「エルテ」。
彼らが活躍したパリは、流行を発信するモダン都市でした。
新しい発想で生み出された個性的な作品約120点を展示します。

 

藤田嗣治作「魅せられたる河」より「シャンゼリゼ」 

エルテ作「夢見る少女」 

ルネ・ラリック作 「タイス」 

ルネ・ラリック作 「パリ市記念大杯」 

藤田嗣治 作
「魅せられたる河」より 「シャンゼリゼ」

エルテ 作
「夢見る少女」

ルネ・ラリック 作
「タイス」

ルネ・ラリック 作
「パリ市記念大杯」

 

 

トップページへ戻る